0120-556-215(こころにいこう) ご相談・受付 9:00〜18:00 (月〜金)

リンク:お問い合わせ

24時間受付中

h1-qa

遺言書の作成、遺産分割協議、相続税対策、不動産の名義変更など、遺産相続にはさまざまな手続きがあります。これまでに「愛媛あんしん相続相談所」に寄せられた相続問題に関する相談・問い合わせの中で、特に代表的なものについて経験豊富な専門家がお答えします。

遺言書を自分で書きたい

自分で遺言書を書きたいのですが、どうすれば良いですか?

img-question-01

  • ①紙、ボールペン(または万年筆)、封筒、印鑑(できれば実印・印鑑証明書)を用意します。
  • ②「遺言書
    私○○○○ は全ての財産を △△ に遺贈する
    遺言執行者に△△を指定する
    平成××年××月××日  ○○○○ 」
    と書いて名前の下に押印します。
  • ③封筒に遺言書と印鑑証明書を入れて、封筒を閉じたら綴じ目に押印します。(表には『○○○○の遺言書』と記載します)基本的にはこれでOKです。

img-answer-02

相続人から外したい人がいる

次男は私に暴力を振るったり、私の財布からお金を抜いたりするので、法律上の相続人から外したいのですができますか?

img-question-01

  • 推定相続人に著しい非行がある場合には、家庭裁判所に「相続人の廃除」を請求することができます。
  • 民法第892条・893条に「推定相続人の廃除」に関する規定があり、推定相続人から虐待を受けたり、重大な侮辱を加えられた場合には、家庭裁判所に手続きを請求できます。遺言書でも廃除は可能ですが、効力を争われる可能性が高いので「公正証書遺言」をお勧めします。

img-answer-02

もし親が認知症になったら?

一人暮らしをしている80歳の母がいるのですが、最近物忘れがひどく、この前も高額な家具を買わされるなど、財産管理が心配です。後見制度というものを聞いたのですが、利用した方が良いのでしょうか?

img-question-01

後見人をつければ、後見人の知らない所でされた契約を取り消すことができます。(一部例外もあります)成年後見制度を利用するには、家庭裁判所に対して後見申立てが必要となります。

img-answer-02

まずはお気軽にご相談下さい

お問い合わせ

0120-556-215(こころにいこう)

24時間受け付けのメールはこちら

メールでのご相談はこちらから

リンク:無料相談のお申込はこちら

お問い合わせ

無料相談実施中

ご相談・受付 9:00〜18:00 (月〜金)0120-556-215(こころにいこう)

リンク:お問い合わせはこちら

アクセスマップ

松山市駅より徒歩2分

マップ:愛媛あんしん相続相談所

【松山事務所】
〒790-0011 松山市千舟町五丁目
5番地3EME松山千舟町ビル6階

リンク:スタッフブログ

運営事務所

リンク:いよリーガルホームページはこちら

愛媛の司法書士事務所『いよリーガル』へご相談ください!債務整理 相続・遺言 各種登記

リンク:エンディングノート無料サンプルのお申込はこちら