h1-about

生前対策のをご紹介します
生前対策というと、遺産相続の方法や税金対策、財産管理方法が一般的ですが、ここでは被相続人が抱えている不安や置かれている状況ごとに生前対策をご紹介します。

生前対策の方法について、ひとつひとつ見て行きましょう。

遺産分割に不安がある場合 遺言書の作成 遺言を残すことで遺産分割の方式を事前に指定することができます。
遺言執行者の選任 遺言内容を確実に実現するためには、遺言の執行者を決めておくことが重要です。
財産管理が不安の場合 成年後見制度の活用 認知症などで十分な判断能力が無くなる前に、財産管理の方法を決めることができます。
相続税の納税資金対策や節税を検討している場合 税金の比較検討 相続税と贈与税を比較検討することで、より税金のかからない財産の承継方法が選択できます。
相続財産の評価を下げる 相続財産となる資産を効果的に減らしたり、評価額を下げることで節税ができます。
その他の生前対策 様々な生前対策 その他様々な生前対策があります。

お問い合わせ

0120-556-215(こころにいこう)

24時間受け付けのメールはこちら

メールでのご相談はこちらから