0120-556-215(こころにいこう) ご相談・受付 9:00〜18:00 (月〜金)

リンク:お問い合わせ

24時間受付中

main-title

相続人に関する注意点

相続人が未成年の場合や認知症を発症している場合、もしくは相続人の中に行方不明者がいる場合は注意が必要です。遺産相続についての協議は、家庭裁判所から選任された代理人を用意する必要があります。

相続人が未成年の場合

未成年者は遺産分割協議ができないので、次の2つから協議方法を選択します。
  • ①未成年者が成年に達してから、遺産分割協議をする
  • ②未成年者の代理人が遺産分割協議をする

通常、未成年者の代理人は親ですが、親子揃って相続人となるケースが多くあります。この場合、親と子供の利益が相反するので、親は子供の代理人にはなれません。また、相続人が子供だけの場合でも、一人の親が複数の子供の代理人にはなれません。 このようなケースでは、家庭裁判所に申し立てを行い、未成年者一人ひとりに特別代理人を選任します。

申し立て方法や提出書類については、「愛媛あんしん相続相談所」にお気軽にお問い合わせください。

相続人に行方不明者がいる場合

相続人の中に行方不明者がいる場合は、次の2つから協議方法を選択します。
  • ①失踪宣告されてから、遺産分割協議をする
  • ②不在者のための財産管理人を選任し、その財産管理人を交えて遺産分割協議をする

また、相続人に認知症で協議できない人がいる場合、一時的にでも意識が回復すれば遺産分割協議は可能です。意識が全く回復しない場合は、成年後見人の選任を裁判所に申し立て、その成年後見人を交えて遺産分割協議をします。

申し立て方法や提出書類については、「愛媛あんしん相続相談所」にお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0120-556-215(こころにいこう)

24時間受け付けのメールはこちら

メールでのご相談はこちらから

リンク:無料相談のお申込はこちら

お問い合わせ

無料相談実施中

ご相談・受付 9:00〜18:00 (月〜金)0120-556-215(こころにいこう)

リンク:お問い合わせはこちら

アクセスマップ

松山市駅より徒歩2分

マップ:愛媛あんしん相続相談所

【松山事務所】
〒790-0011 松山市千舟町五丁目
5番地3EME松山千舟町ビル6階

リンク:スタッフブログ

運営事務所

リンク:いよリーガルホームページはこちら

愛媛の司法書士事務所『いよリーガル』へご相談ください!債務整理 相続・遺言 各種登記

リンク:エンディングノート無料サンプルのお申込はこちら