0120-556-215(こころにいこう) ご相談・受付 9:00〜18:00 (月〜金)

リンク:お問い合わせ

24時間受付中

h1-sozoku-toki

こんなときどうする!?(不動産登記編)

相続財産の半分を占めるのは、不動産(土地・建物)だと言われています。
現金などに比べ、資産評価が複雑な不動産。相続手続き次第で得をすることもあれば、損をすることもあり、場合によっては面倒な問題を引き起こしかねません。
誰でも直面する可能性がある相続不動産に関する身近な問題に専門家がお答えします。
  • 1 不動産を処分したい
    img-question-02
    亡くなった父名義の土地と建物を売却したいのですが、どうすれば良いですか?

    リンク:詳しくはコチラから

  • 2 土地の評価額を知りたい
    img-question-02
    父から相続する土地の評価額を知りたいのですが、どうすれば良いですか?

    リンク:詳しくはコチラから

  • 3 相続人の権利を知りたい
    img-question-02
    現在の自宅は数十年前に亡くなった父の名義です。他の相続人に何か権利を主張されませんか?

    リンク:詳しくはコチラから

  • 4 土地を分割して相続したい
    img-question-02
    相続した土地を兄弟で分割したいのですが、どうすれば良いですか?

    リンク:詳しくはコチラから

  • 5 相続税を無理なく収めたい
    img-question-02
    不動産がかなり多く、相続した現金だけでは相続税が納められそうにありません。どうすれば良いでしょうか?

    リンク:詳しくはコチラから

  • 6 未登記の建物を相続したい
    img-question-02
    自宅の建物を相続する予定だったのですが、未登記と言われました。どうすれば良いのでしょうか?

    リンク:詳しくはコチラから

相続不動産の名義変更

相続が発生すると、亡くなられた方(被相続人)名義の不動産登記簿を、相続人名義に変更しなければなりません。これは法律で義務付けられているものではありませんが、名義変更をしなければ、不動産の所有権が主張できなくなります。

その場合、次のような事態に陥ることもあります。

  1. 自分の親の土地が、自分の知らない間に、全く面識のない第三者に譲渡されていた
  2. 相続人の一人が、共有している土地を「自分がもらった」と主張し、勝手に売却した。
  3. 相続人が増え、権利関係が複雑になり費用・時間が増えることになった。

どちらのケースも自分の土地であるとは主張するためには、複雑な手続きが必要となり、裁判に発展する可能性もあります。不動産の名義変更は先延ばしにはできても、決して避けては通れない手続きです。放置して問題が発生する前に、「愛媛あんしん相続相談所」にお気軽にご相談ください。経験豊富な司法書士が「相続コーディネーター」となり、さまざまな分野の専門家とチームを組むことで、相続に関するあらゆる手続き・ご相談をワンストップでサポートいたします。

お問い合わせ

0120-556-215(こころにいこう)

24時間受け付けのメールはこちら

メールでのご相談はこちらから

リンク:無料相談のお申込はこちら

お問い合わせ

無料相談実施中

ご相談・受付 9:00〜18:00 (月〜金)0120-556-215(こころにいこう)

リンク:お問い合わせはこちら

アクセスマップ

松山市駅より徒歩2分

マップ:愛媛あんしん相続相談所

【松山事務所】
〒790-0011 松山市千舟町五丁目
5番地3EME松山千舟町ビル6階

リンク:スタッフブログ

運営事務所

リンク:いよリーガルホームページはこちら

愛媛の司法書士事務所『いよリーガル』へご相談ください!債務整理 相続・遺言 各種登記

リンク:エンディングノート無料サンプルのお申込はこちら