愛媛県、松山市の相続相談なら愛媛あんしん相続相談所

相続に備えて対策を練る

それほどの金額にはならなくても、生前に対策をとらないまま相続が発生すると遺産の分割をめぐってきょうだい間でもめることがよくあります。それは遺産の経済的価値に引き直してさほどの金額にも上らない場合であっても同じです。遺産をめぐりトラブルになることは想定以上に多くあり、あすはわが身、誰にとっても他人事ではありません。御自身がなくなった後に家族同士が遺産の帰属に関していさかいを起こし永劫にわたって心のしこりを残すような事態は、親御さんも本意ではないはずです。このような遺産を巡る対立を生まないために対策になるのは遺言を残しておくこと、それも法律上有効性を担保された遺言を作成しておくことが必須です。四国中央市にお住まいの方には、「愛媛あんしん相続相談所」があなたの遺言作成にかんするお悩みに適切な解決策を提示してくれます。愛媛県下四国中央市などで数多くの相続にまつわる問題を解決に導いてきた実績があります。なので遺言方式の選択から、相続人が納得できる遺言内容作成のサポートまで全般にわたって専門家の立場で適切なアドバイスをしてくれます。いざとなったら作成がむずかしい遺言も早いうちに手を打っておくのがお勧めです。

多額の借金が残りそう、引く次ぎたくないときどうする

四国中央市でお住まいのかたで、高齢の親御さんなどが多額の借金を抱えているようなトラブルをお抱えの方はいらっしゃらないでしょうか。親と雖も法律上は別人格なので、保証人にでもなっていない限り生前は借金を肩代わりするような事態にはなりません。しかし亡くなってしまい相続が発生すれば話は違ってきます。借金と雖もマイナスの財産としてそれぞれの相続人に引き継がれていくことになるのが法律上の原則です。四国中央市にお住まいの方でこのような状況に心当たりのある方は特に注意する必要があります。親御さんがなくなったと途端、自分にはゆかりのない巨額の借金を負う羽目になったら人生は一瞬で暗転することになるでしょう。四国中央市にお住まいで借金を相続しそうな時にも、「愛媛あんしん相続相談所」があなたのために解決策を提示してくれます。仮に先ほどのような事例の状況におちいっても家庭裁判所で放棄の手続きを行えば、借金の弁済責任を負うようなことは回避することができます。ただし家庭裁判所での手続きには原則として「亡くなったことを知ったときから3か月以内」と言う制限時間が設けられています。四国中央市で法律問題でのお悩みもこちらの相談所が解決に導いてくれます。

 

エリア別

コンテンツメニュー

お問い合わせ

アクセスマップ

〒790-0011 松山市千舟町五丁目
5番地3EME松山千舟町ビル6階

 

Google Mapで見る

運営事務所

愛媛の司法書士事務所『いよリーガル』へご相談ください!債務整理 相続・遺言 各種登記

PAGETOP

Copyright © IYO LEGAL,A JUDICIAL SCRIVENER OFFICE All Rights Reserved.