愛媛県、松山市の相続相談なら愛媛あんしん相続相談所

遺産相続の悩みはプロに相談すると効率的です

宇和島市で遺産相続についてお悩みでしたら当相談所のようなプロにお任せ下さい。お客様のどのようなお悩みもプロの司法書士に任せれば解決することができます。遺産相続が発生した場合にはまず相続人全員が財産を継承し、その後に遺産分割協議を行うことになります。不動産などは一旦相続人の共有名義にするのが通常ですが、相続登記を行なわずに直接的に遺産分割することも可能です。遺産について相続人全員が合意した場合には遺産分割協議書を作成いたします。手続を進めるためには、被相続人の出生時から死亡時までの除籍謄本などを集める必要があります。また相続人の戸籍謄本や住民票、印鑑証明書や固定資産評価証明書なども必要とされます。遺産分割協議書には相続人全員が署名し実印を押印します。さらに委任状を作成すれば司法書士に登記手続きの代理を任せることもできます。
遺産相続の手続は煩雑なので、当相談所のようなプロに任せると効率的です。当相談所は愛媛県の松山市にあり、宇和島市など県内で発生した遺産相続関係の法律問題に取り組んでいます。宇和島市には様々な司法書士事務所があります。各事務所には得意とする分野が存在します。遺産相続関係を得意とする司法書士に依頼すれば安心です。

相続手続の流れについて

宇和島市で相続について悩んでいる場合は、司法書士に任せると手続をスムーズに行うことができます。個人で書類を揃えて手続を行うことも可能です。自分で書類を揃えて手続を行えば費用を安くすることができます。ただし相続登記などの手続を正確に行うには法律に関する知識が求められます。宇和島市内には多くの司法書士事務所があります。無理をせずにプロに依頼するのも1つの方法です。
宇和島市内で相続が発生した場合の手続の流れは司法書士に依頼するか自分で行うかで異なります。司法書士に委任状を発行すれば遺産分割協議書の作成だけでなく登記手続も任せることができます。相続人が自分たちで手続を行う場合は、基本的に相続登記を行ってから遺産分割協議を行います。遺産分割協議の結果として最終的な財産の帰属が決まります。財産の帰属が決まったら再び登記を行います。最初の相続登記の原因は相続ですが、遺産分割協議後の登記の原因は遺産分割です。ただし相続登記を行なわずに遺産分割協議を行うこともできます。この場合は直接的に相続を原因として不動産登記が可能です。登記手続には様々な書類を揃える必要があります。時間的に余裕がない場合は相続関係に強い司法書士に依頼した方が効率的です。

エリア別

コンテンツメニュー

お問い合わせ

アクセスマップ

〒790-0011 松山市千舟町五丁目
5番地3EME松山千舟町ビル6階

 

Google Mapで見る

運営事務所

愛媛の司法書士事務所『いよリーガル』へご相談ください!債務整理 相続・遺言 各種登記

PAGETOP

Copyright © IYO LEGAL,A JUDICIAL SCRIVENER OFFICE All Rights Reserved.